クラブナンパ初心者は「イジる(ネグ)」ことで活路を見いだせ!

何回かクラブでナンパしたけど、思うような結果が出ていない・・・。どうしても初対面の女の子と会話が弾まず、その後の発展がなく、次につなげることができない。

そういった悩みがあるのであれば、声かけのアプローチを見直してみるのがいいかと思います。(もちろん最低限の身だしなみや、清潔感などはクリアしている前提ですよ?)

私が是非オススメしたいのは、「女の子をいじる」こと。ナンパの専門書やナンパサイトでは「ネグ」などと言われているテクニックです。

 

なぜいじることが有効なのか??

 

基本的にクラブに来る女の子は、「それなりに私生活が充実していて、それなりに男がいて、それなりに褒められている人達」です。

そしてクラブに入るや否や、複数の男からナンパのアプローチ攻撃を受ける。もう気分はハリウッドセレブです(笑)本人がどう思っているか知らんが・・

まあ、何が言いたいかと言うと、クラブ女子は褒められることに慣れているということ。

 

あなたが一生懸命、目の前の女性を褒めてあげても、その彼女には挨拶程度にしか伝わっていないのです。というかむしろ、挨拶の応酬を受けてきたので、普通の挨拶だとウザいのです。いい加減、同じことの繰り返しにうんざりしているのです。

ぜひ、そこに気が付くべきです。

だから、他の大多数の男たちと差別化を図るために、適度にいじってあげるのが効果的なのです。今までの男は褒めてばっかりだったけど、今目の前にいる男は、なんか「けなしてくるよ?」

これまでとは一味違う対応に、女の子も新鮮さを覚えるのです。

ここが、ナンパ攻略の糸口です。

具体的にどうやってイジればいいの?

簡単です。あなたが思ったままの感想を言えばいいのです。

ポイントは100%けなさないこと。いじっているんだけど、優しさのあるいじり方、広がりがあるいじり方をすることです。

昔、笑っていいともで関根勤さんが出ていた頃、素人そっくりさんのようなコーナーがあったと思います。関根さんは素人が登場するや否や、その人の印象を一言でパッと言います。しかもそれが華麗に面白く、絶妙なギャップがあり、必ず大爆笑。

まさにその感覚を取り入れる。・・・と言っても、もしかしたらジェネレーションギャップがあって、わからない・・・??

 

ま、まあそれは置いといて、私が実際に使っていた一例を出すと

  • 目鼻立ちは整ってるけど、実は気配りができないCAでしょ?
  • 仕事は「小学校の給食のおばちゃん」だよね?

とか。

で、これも「100%は、けなしていない」ことが大事。

例えば1番目だったら、「目鼻立ちは整っている」というフレーズで、「あんたは美人だね」と上げておくわけです。

しかしそこから一転急降下。気配りができないという性格の難点をつく。(※本当に気配りができないかどうかなんていうのは重要じゃない。とにかく決めつけて既成事実化してしまい、話を発展させること)

 

2番目の例だったら、小学校の給食のおばちゃん。だって、絶対料理うまいよね?なんか家庭的な顔立ちをしてるもん。結婚する男が羨ましいわぁ。などと、繋げることができる。

これも相手が料理うまいかどうかなんて関係ない。とにかく既成事実化してしまい、話を繋げること。

そもそも、「占い」だってそうでしょ?なんとなく「あなたは普段、●●ではないですか?」とか言われると、「あ、そうかもしれない!」と信じてしまう。(らしい)

男の我々にはわからないけど、女というのはそういう生き物である(らしい)笑。

・・・

とまぁ、こうやって、イジって、上げる、イジって、上げる、・・・を繰り返し、ジェットコースターのように乱高下する話には、相手も食いついてくるのです。

そうやって徐々に打ち解けていけば、その後もムフフな展開が待っているかもね☆

頑張れ!平成生まれのソルジャー