女目線で「絶対に気になる」ナンパ方法とは。ポイントはライバルとの差別化にアリ!

はじめに言っておきましょう。私は男です。どこにでもいる「アラサー」の元クラバー男子です。

男ですが「オンナ目線で絶対に気になってしまう声かけ方法」を紹介したいと思います。

なぜ、その声かけが絶対に気になってしまうか?

 

それは、他のライバルナンパ師が使う声掛け】とは一線を画しているから。つまり、きちんとライバルとの差別化ができているから。

どんな声掛けか・・?先に結論を言ってしまうと、追いかけられるように装う【巧妙に仕組んだセコイ声掛け

つまり、しつこくナンパして、なんとか連絡先を聞き出そうとか連れ出そうとか、どこにでもあるナンパとは、完全に差別化すること!

さっと30秒ぐらい話して、どこかへ消える・・。

 

一般的なナンパは、声かけから始まり、乾杯して、和んで、どこか静かな場所で話そうと言う流れで連れ出します。

そして女の子は、女という性別だけで、クラブの中では「次から次へと声をかけられる」わけです。しかもその内容も、みんな大して変わりない・・・つまり、質問攻めのような【問答】に飽き飽きしているのです。

 

そんな時、ヒュッと現れたあなたが、サッと30秒ぐらいだけ話してどこかへ消えてしまったら・・・??

 

普通の男は、ねちっこく・しつこく会話しようとするのに・・、

今の男は「さっと来て連絡先も聞かずに去っていったよ???・・」

「一体どんな人なの?今までの人とは全然違う・・・。」

 

と、女の子サイドからしても、かなり気になる存在になるのです。

このような「hit&awayの声掛け」をフロア内で、別の女の子にも複数施しておきます。

そして一通り声かけが終わったら、偶然を装い、今まで声掛けした女の子の1人に、再び声をかけます。

さっき話したよね?と。すると女の子は、先ほどの新鮮な声かけ&行動が印象に残っており、既に、少なからずあなたに興味がある状態。

だから、あなたの話を積極的に聞いてくれる可能性が高いです。

 

もちろん、この「hit&away」のやり方にはリスクも伴います。

1度話した女の子と、2度目の再会ができる保証は全くないということ。再会する前に別の男に取られてしまうリスクも大いにあります。既に連れ出されてしまっている可能性さえあります。

でもそれ以上に、ファーストインプレッションで強烈な印象を与えておくことが、2回目の再会の時に、大きなアドバンテージとして働くのです。

だから、リスクを背負っても私はこの手法は有効だと考えています。

大事なのは、1回目の声かけを「数多く」こなしておくこと。そうしておけば、再会できる女の子の分母(絶対数)が増えるので、いずれかの女の子と再会できる可能性がアップします。

ナンパにおいて「他のライバルとの差別化」というのは非常に重要な要素。同じような声掛けでウンザリしている女の子の立場になって考えてみれば、容易にわかること。

そしてこの方法、かなり使えるので一度試してみてはどう??