【知らないとヤバイ】ハロウィンで六本木のクラブデビュー戦を迎える人へ

ハロウィンでクラブデビュー。このケース、結構多いのでは?会社の同僚や友人から誘われ、ハロウィンのイベントに繰り出すことになった。そして行き先はなんと六本木のクラブ!?

クラブ何て行ったことないよ・・・!しかもなんか「ナンパ」をする気でいやがる。これは事前準備が必要だ!という状況の人。まさにこの記事が役に立つであろう人(笑)

初めに言っておくと、六本木のクラブで味わうハロウィンは最高です。はい、マジで最高だと思います。

そしてナンパに関する基礎知識は、本サイトに散りばめるように記事にしているので、そちらを参照ください。

この記事では「ナンパ初心者が六本木のクラブでハロウィンを迎える」にあたって、「注意しておいた方が良いこと」を書いておこうと思います。すべて私自身の体験談に基づくこと。

クラブ入場時間

ハロウィン以外の通常のイベント時、クラブに入場する時間帯としては「24時以降」が多いと思います。

しかし、ハロウィンのときはもっと早く入場しておかないと、絶対に絶対に絶対に絶対に後悔します!!!!!!!

 

なぜなら、めちゃくちゃ混むから。入場規制がかかるから。入るまでに2時間待つとか、考えられない状況になりますから。

ディズニーランドのアトラクションじゃないんだからね・・。

正直、2時間も待たされたら、それまでの「酔い」も覚めてしまいますし、テンションも下降気味になります。

私が推奨する入場時間は、ズバリ「22時」つまり、クラブ開店と同時に入店してしまうこと。

この時間帯は、普段の通常営業だったらガラガラで、2~3時間程度クラブ内でウロウロすることになりますが、ハロウィンは別格イベントなので絶対にそんなことありません。

 

この日ばかりは、早い時間帯でも、めちゃめちゃ入場してきますよ・・!!

多少フライングしても、「出遅れて入場規制で待たされるより100倍マシ」なので、入場時間だけは絶対に気をつけた方が良いです!

シャツが恐ろしく汚くなるのを覚悟せよ

ハロウィンといえば仮装。男性の場合は「かぶりもの」や「アイテムメイン」で仮装しますが、女性はゾンビとかナースとか、顔面の化粧がやばいことになっています・・・。

そしてクラブ内は激混み。

・・・

何が言いたいかと言うと、フロア内は入り乱れているので、ぎゅうぎゅうでめちゃくちゃ接触する、つまり、ありえないほど服が汚れるということ。

普段、スーツでクラブには行かない私ですが、確か2014年のハロウィンの時。同日に結婚式の二次会があり、そこから六本木に直行しました。当然スーツです。

元々、汚れるのはある程度覚悟していましたが、その年は想像以上でした。。(笑)パールホワイトのシャツが、赤黒い色を中心に、まさにバイオハザード状態。次回以降、使う気分になれない色合いに染まりました。

 

しかも、私は当時既に結婚しており(笑)、家には待つ者がいる身分。嫁には結婚式の2次会で飲んでいたら、終電逃した!と、LINEを送っておきましたが、当然クラブに行くなんて事は「口が裂けても言えないわけ」でして・・・

だから、シャツがおかしな色に汚れた状態で帰宅するのは極めて不自然。帰り道のローソンでシャツだけ脱ぎ捨て、廃棄しました。

 

つまり、Tシャツに結婚式のスーツジャケットというおかしな状態で帰宅したわけ。色々と問い詰められましたが、記憶がない。という伝家の宝刀を抜く、なんとか危機を回避できました。

・・・

・・・

すみません。とても話がそれましたが、何が言いたいかというと、

とにかくシャツは汚れるから、捨てる覚悟で行け!

ということ。靴も信じられないぐらい踏まれるので、間違ってもお気に入りの一足でいかないことです!!

クロークには数の限りがある!

これも注意してほしい。通常クラブに入ったら荷物はクロークに預けます。まあコインロッカーですね。

そして少し混雑していて、クロークが満タンの時は、フロア内のカウンターで預かってくれます。

で、ハロウィンの場合は、やばいほど混雑するわけ。基本的にクロークは満タンで、預けられないので、カウンターで預かってもらうことになると思います。カウンターが容量オーバーになることはまず考えられませんが、注意しないといけないのは取り出すとき。

 

「取り出し待ちの行列」ができていて、有り得ないほど待たされます。本当に冗談ではなく1時間ぐらい取り出すのにかかったことがあります。

待たされるのがイライラするのはもちろん何ですが、それ以上にマズイこと。例えば、女の子と一緒に飲みに行くことになったとしても、1時間も待たされたのでは、相手の女の子の気が変わってしまう場合もあること。

迅速な取り出しができないと、その後の行動に支障が生じるわけですね。

 

だから、ハロウィンでクラブに行く場合は、荷物は最小限に、一切クロークに荷物を預けない!というのが正しい立ち回り。

危険装備品に注意

これはあんまりいないと思うけど・・・。仮装にこだわるあまり、銃刀法に違反するアイテムを持ってきてしまうケースも。例えば模造刀とか。

まああまり心配しなくていいですが、振り回せば武器になるようなアイテムは絶対に持って行かないことです。普通に路上で警官に止められますから。。。

外国人なんか、よく警察から職質受けていますよ(笑)

ハロウィンの六本木は、警察もMAX警戒・フル出動しています。

ハロウィン後の「帰りの電車」のことも考えておけ!

楽しむことだけを考えるのはとてもいいこと!でも帰りの電車も、少し考えておいた方がいいかもしれません。

特に「帰りの電車で一人」になる人は、かなり人目が気になります(笑)

まあハロウィン翌日ということもあり、世間も理解してはくれます。ただ、自宅の最寄り駅から自宅に帰宅するまでの道のりや、わりと郊外に住んでいる人は、六本木とはだいぶ空気が違うので、ひときわ目立つ存在になります・・・!

それと、通勤ラッシュと重なるような方向に帰宅する場合は更に注意が必要。例えば、新木場のアゲハから都心に帰宅する場合など。通勤ラッシュに重ならないように、確実に始発で帰れるように準備しておきましょう。

そのためには、既に述べたクロークなども、きちんと攻略しておくように・・・!

ハッピーハロウィン!